国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

給付金から支払うB型肝炎訴訟費用

経済的にかなり困窮しているという人であっても、B型肝炎の訴訟が終了し、給付金を受け取って、その中から訴訟費用を支払う事ができるとなれば、ちょっと負担は軽減されるかもしれませんね。

弁護士や弁護士団または原告団などに対して支払う訴訟費用については、後払いが可能な場合もある様です。他の裁判とは違って、B型肝炎の裁判は国が補助してくれる部分もありますので、訴訟に必要な一部の費用についても支援してくれる様です。

最終的に自分が負担しないといけないのは、どの費用なのかという事を、裁判を行うまでに頭に入れておきたいですね。B型肝炎の訴訟費用について分からない事や疑問的が出て来た時には、早めに弁護士に確認しておく様に心がけましょう。

B型肝炎の再発防止や訴訟費用

B型肝炎の再発防止や訴訟費用についてなのですが、B型肝炎の場合、ご相談から訴訟までの間で、報酬が生じるのは、国に認められた場合のみのため、実質負担金は、4パーセントのみです。

まったく負担金がないわけではないのですが、もし、自分が該当するかもしれないとお悩みの方、訴訟に移行したい方は、専門の弁護士事務所や法律事務所があります。フリーダイヤルでお問い合わせいただけるところもありますし、肝炎訴訟できる期限は、平成29年1月12日までとなっています。

お早めに、ご相談なさることをお勧めいたします。もちろん、インターネットからご相談できるところもあります。

B型肝炎給付金請求で無症候性キャリアの方へ

B型肝炎給付金は、昭和16年7月2日から昭和63年1月27日の間に生まれた方で7歳までに集団予防接種、ツベルクリン反応検査を受けてB型肝炎を発症された人が対象になり、B型肝炎給付金請求出来る訳ですが、キャリアの方も有資格者になります。

キャリアと呼ばれる無症候性の人もB型肝炎給付金を請求すること出来ますが、発症してから20年間未請求でいると支給金額が600万円から50万円に減額されるので弁護士へ相談してみて下さい。

B型肝炎給付金は国からの損害賠償金なので感染等の証拠を揃え決められた訴訟手続きを行う事で権利が発生するので注意が必要です。

B型肝炎訴訟における給付額とは

B型肝炎訴訟でいくら給付してもらえるか。これは、現在の診断結果を元に決められているものです。例えば、すでに亡くなって20年以内である場合や、発症してから20年以内で肝がんや重度の肝硬変であれば、3,600万円、また軽度の肝硬変や肝炎にもそれぞれB型肝炎給付金が定められています。また、発症してから20年以上経過しているか、また治療あるなしによって、金額が変わってきます。

もし感染はしていても発症していない、キャリアという場合でもB型肝炎給付金は支払われます。給付後、病状が進行した場合は、その差額を請求することができます。

B型肝炎訴訟への知識

過去に実施されていた予防接種などにおいて、注射器を連続で使用されたことによるB型肝炎の感染は、日本社会で大きな問題となっています。責任を国が認め、救済措置としてB型肝炎給付金が受け取れる制度が設けられています。

給付を受けるにはB型肝炎訴訟を起こして、正しい手続きを行う必要があり、複雑だと思われるケースも多いことが現実です。

個人で対処できない場合には、弁護士へのB型肝炎訴訟相談によって、的確なアドバイスが受けられます。また症状などによって給付の金額も異なるため、自分の置かれている状況を正しく判断することも重要となります。

B型肝炎訴訟ってなに?

昭和23年に予防接種法が成立したことをきっかけに、国民が強制的に集団予防接種を受けさせられました。しかしその管理体制がずさんで、注射器の使いまわしなどが原因で、多くの人がB型肝炎ウイルスに感染してしまいました。

その後、感染者たちはB型肝炎訴訟を起こしました。国と原告側で、金額や認定要件などを決定して、基本合意が成立したのです。

さらに特定B型肝炎ウイルス感染者給付金などの支給に関連する特別処置法が制定されました。多くの人が訴訟を起こし、給付金を受け取るようになりました。しかしながら、全国には数十万人が対象者とされていますが、まだまだ数万人しか訴訟を起こしていないのが現状です。

B型肝炎訴訟や給付金についての記事

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。