国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

B型肝炎給付金請求の条件とは

B型肝炎給付金を受け取る条件は、1941年7月から1988年1月に行われた国の集団予防接種を受けてB型肝炎に感染したことと、一時感染者からの母子感染を受けたことが証明できることが必要です。

B型肝炎給付金措置法によって平成34年1月12日までに民事訴訟を起こし、和解によって受け取ることができます。B型肝炎発症者は発症日から20年間、無症候性キャリアは予防接種を受けた日から20年間となりますので、一次感染者で無症候性キャリアの場合は期間が過ぎています。措置法では期間が過ぎても大幅に減額されますが請求は可能です。

B型肝炎給付金の給付金請求手続きと対象者

幼少期に集団予防接種を受け、連続で使用した注射器が原因でB型肝炎になった場合は、B型肝炎給付金の給付金請求が出来ます。しかし、必要な資料を揃え、裁判をする必要があるのが一般の人にとっては面倒な面ではあります。

あくまでも、集団予防接種の際の連続注射器を使用した方が対象となるため、過去に罹った方からの輸血や母子感染ではB型肝炎給付金の対象にならず、裁判で判断すると決めたからです。給付金額は50万円から3600万円と幅広く、病態で決められます。

こうしたB型肝炎訴訟手続きをしないといけないのがネックであるためか、救済を実際に受けた方はまだ一部しかいません。

B型肝炎給付金の請求額について

B型肝炎給付金の請求の仕方について迷いがあれば、医療に関する知識が豊富な弁護士に対応を任せることがとても有効です。

最近では、B型肝炎給付金の請求額の相場について、多種多様なメディアで分かりやすく説明が行われることがあるため、早いうちから知識を身に着けることが良いでしょう。

もしも、B型肝炎給付金の受け取り方に関して迷っていることがあれば、各地の有力な法律事務所の相談窓口を利用することが欠かせません。そして、腕利きの弁護士や司法書士などにサポートを受けることが成功のポイントとしてみなされることがあります。

B型肝炎給付金が受け取れる制度について

B型肝炎給付金は、国からの支給となり最大3600万円の金額を受け取る可能性もあります。しかしながら一部の人に対しての制度となり、それぞれの範囲が存在し、あてはまる人が受け取れる制度になります。

周囲にはそのような可能性のある人が少ないので、B型肝炎訴訟を起こすのに戸惑ってしまう人もいるかも知れませんが、当然の権利として受け取ることができますし、弁護士費用も一部負担してもらえますので、訴訟を起こすことをお勧めします。

B型肝炎訴訟を専門としている機関や、弁護士もいますので一度相談してみてもいいかも知れません。

B型肝炎給付金を受け取る請求手続き方法

では自分がB型肝炎給付金を受け取ることができる条件を満たしているとわかった場合どのようにして請求をすればいいのでしょうか?

まず発症してから20年以内であることを確認の上、医師に「B型肝炎にかかっている」といった診断書を作ってもらいます。こちらを裁判所に提出し、B型肝炎訴訟を起こすことによって、内容に乗じた金額が支払われることになります。

またB型肝炎訴訟を起こすことによって、より費用がかかってしまうのではないかと不安に思う方もいるかもしれませんが、訴訟にかかった費用も国が一部負担してくれるので、条件を自分が満たしているのであれば安心してB型肝炎給付金請求をかけてください。

B型肝炎給付金は全ての人がきちんと受け取っている?

集団感染という大問題の被害にあってしまった人に対してB型肝炎給付金という形で国から補助が出ていますが、かかってしまった人が全員きちんと受け取っているのでしょうか?

現実にはB型肝炎給付金を受け取っている人の方が少ないと言われています。なぜかというと「訴訟」を起こす必要があるというのがやはりネックになってくるようです。

B型肝炎訴訟には時間がかかり、また弁護士に依頼しようとすると費用もかかります。そういったことを考えて、訴訟を起こすのに二の足を踏んでしまう人がとても多いようです。現在45万人の感染者がいると言われていますが、実際に訴訟して、B型肝炎給付金を受けっとった人は1万5千人と言われています。

B型肝炎給付金や訴訟についての記事

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。