国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

TOP 受け取る事ができるB型肝炎の給付金

B型肝炎給付金の受け取り目次

  1. 受け取る事ができるB型肝炎の給付金
  2. B型肝炎感染の救済措置で給付金が支給
  3. B型肝炎給付金受給に必要な資料
  4. B型肝炎給付金の死亡した場合は?
  5. B型肝炎給付金は課税対象なのか?
  6. B型肝炎給付金申請の弁護士費用は
  7. 集団予防接種とB型肝炎給付金について
  8. B型肝炎給付金を獲得するためには
  9. B型肝炎給付金の対象者は誰か
  10. B型肝炎訴訟給付金の注意点
  11. B型肝炎に関する説明
  12. B型肝炎の給付金支給について
  13. 集団予防接種が原因のB型肝炎は給付金がもらえます
  14. B型肝炎給付金について考えること
  15. 手続きが必要なB型肝炎給付金について
  16. 弁護士事務所にあるB型肝炎給付金の相談窓口

受け取る事ができるB型肝炎の給付金

同じ様に集団予防接種によってB型肝炎となった人であっても、受け取る事ができるB型肝炎給付金の金額というのは、常に同じではなく人によって異なります。

B型肝炎のウィルスに感染している人であっても、症状が出ていない人もいますし、また病気などで大変な思いをしている人もいます。B型肝炎はそれぞれの人によって給付金の額が異なります。

症状が重い場合には、それだけたくさんの給付金を受け取る事ができます。症状が出ていない人でも、50万円以上の給付金とこれから定期的に行う検査の費用などは負担してもらう事ができるそうです。

もし患者が死亡した場合には、数千万円という金額を負担してもらう事ができます。

B型肝炎感染の救済措置で給付金が支給

B型肝炎に感染してしまった場合、厚生労働省が挙げる条件に当てはまっていると、給付金が支給されます。その条件とは、B型肝炎に感染していること、1941年から1988年生まれの方、1948年7月1日から1988年1月27日までに行われた集団予防接種などを7歳までの間に受けたことがある方、または予防接種を受けた母親から感染した方になります。

この条件に該当していると、B型肝炎の給付金が請求が可能です。給付金の請求は裁判所に申し立てを行い、和解手続きをして認定を受ける必要があります。この訴訟について積極的に取り組んでいる法律事務所もありますので、訴訟を行うときは無料相談を利用して、詳しい内容を確認しておきましょう。

B型肝炎給付金受給に必要な資料

B型肝炎給付金を受け取るためには、いくつかの資料が必要となります。そのいくつかを挙げると、まずB型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明する書類が必要です。

たとえば、HBs抗原陽性検査、HBV-DNA陽性検査、HBe抗原陽性検査などを受けて、その検査B型肝炎ウイルスに持続感染していることを証明します。次に、その感染が満7歳 の誕生日の前日までの間に集団予防接種等を受けたことによって起こったことを証明する書類が必要になります。具体的には母子手帳や予防接種台帳などが求められます。

さらに、集団予防接種と無関係の母子感染ではないことを証明する必要もあります。B型肝炎給付金は病態によって額は異なりますが、発症していないキャリアーでも受け取ることができます。

B型肝炎給付金の死亡した場合は?

B型肝炎給付金とはB型肝炎の感染経路によって国から治療等のための給付金が支給される制度のことです。ただしこの給付金を受け取るためには、手続きをするのではなく訴訟を起こして裁判に勝つことができた場合に支給されます。

そして、B型肝炎に感染してしまいもう、死亡している場合でも訴訟を起こしてB型肝炎給付金を請求することができます。

これは当然なくなった方が訴訟を起こすことはできないので、なくなった方の遺族の方が代わりに訴訟をすることができます。感染していたことを証明しなければならないため病院のカルテなどが必ず必要になります。

B型肝炎給付金は課税対象なのか?

B型肝炎給付金は、昭和23年から昭和63年までの期間に集団予防接種を受けられた方で、その時に注射器の連続使用が原因でB型肝炎ウイルスに感染した方と、その方から母子感染した方に対して支払われる給付金です。その受け取りは、国に対して訴訟を起こし、和解するというプロセスを踏んだ上で支給されることになっています。

このB型肝炎給付金に対して課税はされるのでしょうか?

これは損害賠償金又は見舞金とされるため、課税の対象外です。また対象者が死亡している場合は遺族に対してB型肝炎給付金が支払われますが、こちらも同様に対象外です。

B型肝炎給付金申請の弁護士費用は

B型肝炎給付金の対象者は、裁判を起こし認定してもらう必要があります。しかしながら自分で申請をするのは、なかなか難しいので、弁護士に依頼をする方がほとんどです。

でも弁護士に依頼をすると、高額な費用を請求されるのでないかと心配している方が多くいます。B型肝炎給付金申請をするための、弁護士費用は基本的には成功報酬制となっている弁護士事務所がほとんどです。

B型肝炎給付金のなかから、3パーセントから10パーセントが弁護士費用としてかかってきます。この費用の違いは、各弁護士事務所によって異なりますので、どれくらいの費用になるのかは近くの弁護士事務所にたずねてみてください。

集団予防接種とB型肝炎給付金について

B型肝炎ウイルスによって引き起こされるB型肝炎のうち、幼少期の集団予防接種等の際に原因となった注射器の連続使用による感染被害者の方が多く存在しています。B型肝炎ウイルスに感染された方、さらに母子感染された本人や家族に対して、国が責任を認めた上で、B型肝炎給付金が支払われます。

感染や症状について、原因や状態が認識できている必要がある他、B型肝炎訴訟を起こした上で正しい手続きを行わなければ、B型肝炎給付金の支給は受けることができません。インターネットで調べたり、弁護士に相談したりなど、救済制度を受けるための取り組みを確実に行う事も重要です。

B型肝炎給付金を獲得するためには

過去に実施された集団予防接種によって、多くの日本国民がB型肝炎ウイルスに感染してしまいました。注射器の連続使用が原因となり、国の法的責任が叫ばれたことによって、全国に存在する被害者の方が原告団となり損害賠償等を求めた裁判によって、国からの損害賠償金が受けられるようになっています。

B型肝炎給付金という、感染の証拠などを明白にして、国の指定の訴訟手続きをおこなうことで、病状ごとに決められた金額を受け取れるようになっています。

予防接種以外の感染の原因が無いといった条件を満たして、証明するための手続きを完了するとB型肝炎給付金が支払われます。

B型肝炎給付金の対象者は誰か

B型肝炎給付金を受け取るには、要件を満たしていなければなりません。

一次感染者の集団予防接種などにおける、注射器の連続使用で感染した方、二次感染者の一次感染者のお母さんから、母子感染をした方、これらの相続人の方です。この方達がB型肝炎給付金を受け取る権利があります。

給付金を受け取るには、証拠となる資料を集める必要があります。必要書類の入手方法や、入手が困難な資料の代替え案などを、弁護士が教えてくれますので、対象者の方は弁護士に相談をしてください。無料で対象者かどうかも、調べてもらうことが出来ますので、まずは相談してみましょう。

B型肝炎訴訟給付金の注意点

B型肝炎訴訟給付金手続は、国に訴訟を提起し、和解を得るだけでは終わりません。それから、社会保険診療支払基金に対して、判決謄本や和解調書を送付し、申請をする必要があります。基金が書類を審査して、初めて給付金が得られます。

ですので、裁判が終わったからといってすぐにもらえるわけではありません。また、弁護士に依頼している場合には、成功報酬や実費、その他費用等別途支払う必要があります。そのため、依頼者が思っていたほどの金額をもらえない可能性もあります。特に、無症候性キャリアの場合には、給付される金額が少ないため、費用対効果を十分に見定める必要があります。

B型肝炎に関する説明

B型肝炎は、肝臓にB型肝炎ウィルスが感染することで、発症します。肝炎の発生原因としては、母子感染や性交渉、輸血などがありますが、近年問題となっているのは、予防注射などによってウィルスを感染した場合です。

このような場合には、給付金の対象になる場合があります。給付金を申請するためには、国への訴訟を提起することが必須です。訴訟で求められる証拠というのは、対象者によって異なります。詳細情報は厚生労働省のホームページを見たり、専門の弁護士に相談してみてください。また、期限が決まっていますので、早めに検査することをおすすめします。

B型肝炎の給付金支給について

日本でB型肝炎に感染している人は100万人を超えています。昭和23年から63年までに行われた集団予防接種で、注射器が連続で使われた事が原因でB型肝炎に感染した人が40万人以上もいます。この様な人達が国に対して集団で訴訟を起こしました。

その後、裁判所で認められた人には、給付金が支給される様になりました。これは7歳までに集団予防接種の注射器使い回しによる感染者と、母子感染をしてしまった人が対象です。支給額はそれぞれ違いがあり、50万円から3600万円までとなっています。給付金を貰うには、国家賠償請求訴訟を起こす事が必要になります。

集団予防接種が原因のB型肝炎は給付金がもらえます

B型肝炎は感染症の一種であり、特に有名なのが幼少期の集団予防接種時に注射針を使いまわしたことによる感染です。また、本人だけでなくその子供が出産時の賛同出欠によって感染してしまうという事例も少なくありません。

平成元年にB型肝炎訴訟が行われ、ようやく平成18年の最高裁判決により国の責任が認められ、B型肝炎給付金が支払われました。

B型肝炎給付金をもらうためには同様に国を相手に訴訟をしなければならないことと集団予防接種が原因であることが前提ではありますが、一定の証拠をそろえさえすれば裁判所は認めてくれ、最高で3,600万円が支給されます。

B型肝炎給付金について考えること

B型肝炎給付金を知っていますか。給付金という呼び方なので、この肝炎にかかった事に対して国から支給されるお金の事です。

もちろん、かかれば自動的に支給される訳ではありませんので、申請(請求)手続きは必要になります。一般的に病気はかかった場合、治療費は自分で負担する事になるかと思いますが、何故国から給付金が出るのでしょうか。

この病気はウイルスに感染する事によりかかる病気なのですが、その原因が国側に責任があるからなのです。それは小さい頃に受けた集団予防接種時等の注射器の使い回しです。

心あたりがある方は一度、弁護士に相談してはいかがでしょう。

手続きが必要なB型肝炎給付金について

B型肝炎給付金は、国に対して集団訴訟が行われたことで給付が決定しました。そのため、対象者は手続きを進めることで、給付金の受け取りが可能です。

対象者に通知が来るわけではなく、自分で手続きを進めなければなりません。
給付金が受け取れる時期は平成24年から平成34年までと期間も決まっているため、早めの手続きが必要です。

手続きは簡単な裁判を起こすことです。
そのため、弁護士に依頼することになります。

B型肝炎給付金の訴訟依頼を受け付けている法律事務所は多く、無料の説明会を実施しているケースもあります。着手金も無料のところが多いため、安心して依頼できます。

弁護士事務所にあるB型肝炎給付金の相談窓口

集団予防接種で注射器を乱用したことで、B型肝炎ウイルスに感染した方はたくさんいます。

最悪肝硬変や肝がんに進行する可能性もあり、国では推計対象者は約45万人にのぼると報告しています。医療行為が原因となる医原病とも言われており、250万人ともいわれているウィルス性肝炎の患者もいます。

集団予防接種は40年間続き、全国B肝炎訴訟原告団等が医療費助成制度の創設を目指しています。B型肝炎給付金の申請手続きは複雑多岐に渡り、当事者だけでは難関ですが、弁護士事務所のホームページサイトの中には参考になる提案が多数あります。

心当たりのある方は、まずは無料相談から始めてみる事をお勧めします。

B型肝炎給付金や訴訟についての記事

メニュー

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取ろうTOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 肝炎給付金 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟弁護士 債務整理 大阪 債務整理 過払い請求 過払い大阪

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。