国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

TOP 解決したいB型肝炎訴訟

解決したいB型肝炎訴訟目次

  1. 解決したいB型肝炎訴訟
  2. B型肝炎訴訟で弁護士を用いた金額ついて
  3. B型肝炎訴訟で判明した赤ちゃんへのB型肝炎感染
  4. メディアでおなじみのB型肝炎訴訟
  5. 救済策が決まった後の肝炎訴訟の考え方
  6. B型肝炎訴訟の内容とは
  7. B型肝炎訴訟における弁護士の役目とは
  8. B型肝炎訴訟への注意点について
  9. 二次感染被害者もB型肝炎訴訟を弁護士に依頼しよう
  10. B型肝炎になっているかも
  11. B型肝炎を疑う時はまずは病院で検査を
  12. B型肝炎訴訟というもの
  13. 幼少期の集団予防接種がB型肝炎の原因かもしれません
  14. B型肝炎訴訟の難しさ
  15. B型肝炎訴訟で受給資格を得る

解決したいB型肝炎訴訟

どんな人であってもB型肝炎であれば訴訟ができ、支援してもらえるのではなくて、訴訟をして支援を受けるには条件があります。

B型肝炎に感染しているという事はもちろんですが、例えば生まれた年が昭和16年の7月2日以降である人や当時の母子手帳やまたは皮膚に注射の痕跡などがあれば、それも医師に見てもらい予防接種の接種痕意見書を証明としてもらえる場合もあるみたいです。

また、それだけではなく他にもいろいろ条件があるみたいです。

B型肝炎について訴訟を検討しているのであれば、詳しい事を調べてみてはどうでしょうか。近頃では、被害者の救済を積極的に行っている弁護士もいますので、ホームページを見たり、または相談してみたりしてはどうでしょうか。

B型肝炎訴訟で弁護士を用いた金額ついて

B型肝炎訴訟とは、幼少期に受けた集団予防接種等での注射器の連続使用によってB型肝炎ウイルスに感染した被害者。また、その遺族が国に対し損害賠償を求めている事案です。

通常の裁判を行う場合以外では、基本的に国との和解を合意する事が多いようです。和解の際には国に対して給付金を請求する書面を作成して裁判所に提出し、訴訟を提起する必要があります。

この一連の事に関しては必ずしも弁護士に依頼する必要はありませんが。しかし、専門的な知識や多数の手間が必要となるため。弁護士に依頼した方が心配はありません。

B型肝炎訴訟では、基本的に弁護士費用は各自が自由に決める事が可能であり、そのため費用金額は事務所により異なります。ただ国から給付金額とは別に、給付金額の4%が支給されますので、その分だけ負担は軽くなります。

B型肝炎訴訟で判明した赤ちゃんへのB型肝炎感染

日本国内のB型肝炎訴訟において判明したことは、B型肝炎は感染した本人だけでなく母子感染、つまりお腹の中にいる赤ちゃんにも感染してしまうということでした。

そもそもなぜB型肝炎訴訟がここまで大きく取り沙汰されているのかというと、それは1948年から1988年当時における病院内の医療体制にあります。

その40年間における病院内でのツベルクリンなどの集団予防接種の際に、一つの注射器を何十人もの人間に使い回したのです。これによって誰か一人に感染していたB型肝炎が、爆発的な数で他の人間に感染していったのです。

メディアでおなじみのB型肝炎訴訟

メディアでも一時騒がれましたが、集団予防接種における注射器の使いまわしが原因でB型肝炎に感染したとして北海道の患者5名が国を相手にB型肝炎訴訟を起こしました。

2006年6月に最高裁で勝訴したあと、2008年には10の裁判所でも同様のB型肝炎訴訟が起こされ、ついに2011年6月28日に、総理大臣の謝罪と共に、全国に40万人以上いると言われる予防注射が原因でB型感染ウイルスに感染した患者にも、和解金が支払われことになりました。

B型肝炎訴訟による和解金は50万円から3600万円まで、症状によって異なりますが、すでに治癒している場合でも和解金は支払われます。

救済策が決まった後の肝炎訴訟の考え方

肝炎に感染した患者への救済策制度はでき上がっています。それでも、肝炎訴訟が必要なことが意外に感じられる人もいることでしょう。肝炎訴訟をするのは、自分が国の制度や医療機関の措置のために感染させられたということを認めさせるためです。

そのため、自分の医療記録を持って、裁判所に提訴することになります。感染させられた被害者であることが確認されたら、決まった金額が支払われます。国は責任を認めているけれど、自分がその被害者だと証明する必要がある、証明し、認めさせる場が訴訟だ、という考え方をするとよいでしょう。

B型肝炎訴訟の内容とは

B型肝炎は、注射器の使い回しによって起こってしまったケースで、本来ならば起こりうることがないものでした。しかしながら、集団感染により起こってしまい現在に至っています。今後同じようなケースが起こらない為にも、国としての対策は必要となってきますし、B型肝炎訴訟に対しての内容も、厳粛に受け止めていかなければなりません。

B型肝炎給付金が受け取れる人の対象も定められていて、国としても対策を立ててくれていますが、十分なものとは言えません。疑問や不安を感じた場合は、専門機関や弁護士に早く相談することをおすすめします。

B型肝炎訴訟における弁護士の役目とは

B型肝炎訴訟を行う弁護士の事務所では、その給付金を取得するために不可欠な書類について、しっかりとサポートを受けられます。これは本人が直接医療機関に請求しなければならないものです。

弁護士はその後、病院から収集した書類を元に請求可能となれば、今度は弁護士がB型肝炎訴訟の訴状をもって裁判所へ提出します。裁判への提出書類もすべて弁護士が行いますし、依頼者は裁判所へ出向く必要がありませんので、支払われるまですべて任せることができます。給付金の他に弁護士手当ても支給されます。

B型肝炎は放置して進行すると、肝硬変や肝がんになりかねませんし、また高額な治療費を伴いますので、臆することなくB型肝炎訴訟を起こし給付金請求をするべきです。

B型肝炎訴訟への注意点について

昭和63年までに実施されていた集団予防接種等では、同じ注射器が連続使用され、多くのB型肝炎感染者を出してしまったという現実があります。国が責任を認め、B型肝炎感染者と家族に対して、給付金を支払う制度が設けられています。

しかし、実際に給付金を受けようと思っても、B型肝炎訴訟を起こさなければならない上に、正しい手順での手続きを進めることが必須となります。

個人での手続き方法に迷いが生じたり、自分が対象に合致しているのかどうか知りたい時など、弁護士をはじめとする専門家へのB型肝炎訴訟相談によって問題解決できる場合があります。

二次感染被害者もB型肝炎訴訟を弁護士に依頼しよう

集団予防接種では、昭和63年まで、注射器の使い回しがおこなわれていました。7才までの集団予防接種でB型肝炎に感染し、慢性肝炎を患っている場合は、補償がなされます。また、そうした経緯で感染した母親から二次感染した子にも、給付金が支払われます。

いずれの場合も、補償を受けるには、B型肝炎訴訟を起こす必要があります。

このB型肝炎訴訟では、感染した経緯が書面で示せれば、和解となる流れですので、通常の訴訟よりも楽な面があり、本人訴訟も十分可能です。しかし、慢性肝炎のために書類をそろえるのが困難であるような場合は、弁護士に依頼したほうがいいでしょう。

B型肝炎になっているかも

B型肝炎訴訟は、小中学生の時に予防接種を受けた際にウィルスに感染した方々を救済する制度です。未だ多くの方々が検査を受けていないため、救済が進んでいません。小中学生の時に予防接種を受けたことがあるならば、あなたが知らないうちにB型肝炎になっている可能性があります。

今、症状がなくても、救済される可能性があります。給付金を受け取るためには、証拠を集め、裁判をする必要があります。詳しくは、厚生省のHPや弁護士さんに相談してみてください。あなたも、給付金の対象かもしれません。まずは、検査をしてみてください。検査は、保健所や病院でも可能です。

B型肝炎を疑う時はまずは病院で検査を

B型肝炎ウイルスが原因となって肝炎を引き起こす病気、それがB型肝炎です。さまざまな原因がある中、集団予防接種の義務化による注射器の使いまわしが感染を拡大させたと言われています。集団予防接種による感染の患者に関しては国の責任を求める訴訟が各地で起きています。

国の救済措置を受けるには予防接種を受けたことや、母子感染ではないことの証明が必要ですが、条件を満たした患者には和解の給付金が支払われるケースもあります。ウイルスに感染しても長い潜伏期を経て発症することもあり、気づかず放置すると悪化する場合もあります。肝炎を疑うような症状が現れたら、まずは病院で検査を受けることが大切です。

B型肝炎訴訟というもの

B型肝炎の感染源は多岐にわたります。多くは血液を介して感染することが多いことから、血液を扱う機会には十分に注意する必要があります。しかし、血液が皮膚に付着しても、傷口等がなければ感染することがありません。

イメージとして、傷口と傷口をゴシゴシとすり合わせてやっと感染する可能性がある程度です。しかし、昨今話題になっているB型肝炎訴訟問題は、過去に輸血等を行ったものが、注射針の使い回しによって感染している状況です。感染者の血液が付着した注射針を使用すれば、感染するのは避けられません。このように今では信じられないことが行われていたのです。

幼少期の集団予防接種がB型肝炎の原因かもしれません

B型肝炎をめぐっては国の責任を問うB型肝炎訴訟が各地で見られます。

幼少期の集団予防接種が原因となる場合の肝炎で、B型肝炎訴訟を行い和解が成立すれば国からB型肝炎給付金が支払われます。

B型肝炎の原因は、集団予防接種の他にも母子感染や輸血なども考えられ、感染しても長期の潜伏期間を経ないと発病に至らないケースも多く、すぐに原因を突き止めるのは容易ではない場合もあります。

しかし症状が疑われる場合は、まず病院で検査を受け、早めに治療を始めることが重要です。

また、何十年も前に治ったと思っていたものが再発することもあります。ひどくなると慢性肝炎やガンに至ることもあるため長期にわたって経過観察を続ける必要もあり、B型肝炎には注意が必要です。

B型肝炎訴訟の難しさ

B型肝炎に罹患している人たちの中には、過去の集団予防接種における注射針の使い回しなどに起因している場合があります。

現在では考えられないでしょうが、規制もなかったのです。B型肝炎は罹患して必ず発症するものではないので、感染している段階のまま気付かず生活している方もいるかと思われます。

発症せずとも、不可抗力で罹患させられた多くの方々がB型肝炎訴訟を起こす権利があります。しかしながら、B型肝炎訴訟には、罹患の起因を証明するものの提示が難しいのも事実です。

自己申告のみでは適わず、母子手帳であったり、家族の血液検査の結果であったり、家族が健在でない場合、躊躇われることでしょう。

B型肝炎訴訟で受給資格を得る

病気にかからないために行う予防接種が原因で、B型肝炎ウイルスに感染してしまったという方がいます。これは当時の医療現場で院内感染対策が徹底されておらず、注射器を使いまわしたことが原因と考えられています。

現場への周知が不足していたということで、国は対象者へ給付金を支給することになりました。しかし、B型肝炎は集団予防接種以外でも患うことがありますので、受給対象者であるという証明を行うために、B型肝炎訴訟という形を取っています。

申請期限は平成34年1月までとなっています。申請から受給までは早くて数ヶ月、遅いと1年以上かかることもありますので、早めに申請手続きを行いましょう。

B型肝炎訴訟や給付金についての記事

メニュー

B型肝炎訴訟をして給付金を受け取ろうTOP B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 肝炎給付金 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟弁護士 債務整理 大阪 債務整理 過払い請求 過払い大阪

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。