国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

B型肝炎訴訟の歴史と救済

2006年6月に最高裁において、集団予防接種が原因でB型肝炎に感染したとして、北海道在住の5人の原告に各550万円支払うようにとの判決が出されました。

このB型肝炎訴訟の歴史を振り返ると、最初に訴訟が起こされたのは1989年のことでしたが、因果関係が認められないと敗訴します。

札幌高裁では因果関係は認めましたが、予防接種から期間が長く経過してしまっているとしてやはり敗訴します。しかし、最高裁ではついに原告側の主張を認めることになりました。

今では、国は集団予防接種が原因でB型肝炎が発病したことが証明されれば、病態に合わせてB型肝炎給付金を支払うことになってします。

B型肝炎訴訟に必要な資料について

B型肝炎訴訟は多くの資料を揃えなければなりません。まずは現在も持続感染していることを示す血液検査の結果が必要です。さらには、一時感染者の場合には母子健康手帳や予防接種台帳も用意しなければなりません。二次感染者のケースはさらに複雑で、出生直後においてすでに感染していたことを示すものや、母子のウィルスにおける塩基配列が一致した検査結果などを提示しなければならないのです。

これらを揃えなければ、B型肝炎訴訟を経て給付金を受け取ることはできません。そのため、弁護士事務所などの専門家の助力を得るほうが、スムーズに資料を集めることができるのです。

B型肝炎給付金と診断されたら給付金が受け取れます

B型肝炎給付金とは、集団予防接種での注射器の使い回しが原因で医療機関でB型肝炎ウィルスと診断された患者(またはその家族)を対象として支払われる、国からの損害賠償金のことを言います。

B型肝炎給付金を受けるにはいくつかの条件があり、集団予防接種で感染した場合では「満7歳までに予防接種・ ツベルクリン反応検査を受けた」ことや、「予防接種等以外の感染原因がない」など、母子感染した場合では「母子感染以外の感染原因がない」などが条件に当てはまります。

これらの条件を満たしており、尚且つそれらを証明する手続きを行った際にB型肝炎給付金は支払われます。

弁護士などの専門家に依頼したいB型肝炎訴訟

B型肝炎訴訟は、集団予防接種において注射器の使い回しが原因となり、B型肝炎ウィルスに感染してしまった人たちが、起こす訴訟となります。

B型肝炎に感染してしまった原因となる証拠などをそろえて、定められているB型肝炎訴訟の手続きを実施するにあたって、かかってしまった病状ごとに決まった金額を受け取ることが可能となります。

初心者にとっては難しく感じる訴訟となるため、専門としている機関や弁護士にB型肝炎訴訟の依頼をした方が、後々支払われる金額も変わってくるかも知れません。身体部分だけではなく、経済的な部分や生活面でも影響をきたしているケースとなりますので、しっかりと請求をおこなっていくことが大切です。

詳しく知りたいB型肝炎訴訟

昭和23年から昭和63年まで実施されていた集団予防接種の際に、注射器を連続で使用した事が原因となって、B型肝炎という病気に感染してしまった方が多くいます。感染した本人や家族に対しては国が責任を認め、B型肝炎給付金が支払われます。

しかし給付対象となるには、B型肝炎訴訟による所定の手続きが必要です。

弁護士などの専門家を通じてB型肝炎訴訟の裁判を起こし、救済用件への対象となるかどうか裁判所での判断を受け、証拠に基づいた確認作業が行われます。また症状などによって給付される金額も異なるため、正しい手続き方法や現状の決まりを把握する必要もあります。

B型肝炎訴訟で気を付けたい期限

B型肝炎訴訟に関しては、ある一定の条件を満たしており、現在感染している人であれば給付金を求めて訴訟を起こすことができます。しかし気をつけなくてはいけないのが期限です。

B型肝炎を発症してから20年以内に訴訟を起こした方が、多くの給付金をもらうことができるためです。金額でいうと20年に以内に請求した場合には最大で3600万円の給付金をもらうことができますが、20年以上たってしまっていると最大でも300万円ほどしか給付金がでません。この差は見逃せない差です。

もしB型肝炎にかかってしまった場合には自分が給付金を受けることができるB型肝炎訴訟条件を満たしていないかをまずチェックしましょう。

B型肝炎訴訟や給付金についての記事

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。