国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

症状がないB型肝炎の給付金

中にはB型肝炎の症状がない人もいます。自覚症状がない人もいますが、感染の有無については検査をする事で調べる事ができます。検査の結果、B型肝炎が確認されると、給付金を受け取る対象となっている可能性も考えられます。

しかし、そのB型肝炎ウイルスに感染したのが予防接種以外の時に感染したという可能性もあります。

救済を行ってくれて給付金を受け取る事ができるのは集団予防接種による場合です。他に原因が考えられる場合には対象となりませんので、注意しないといけませんね。

該当している場合には、給付金の受け取りに向けてB型肝炎を取り扱う弁護士に相談するなどして、解決に向けてアクションを起こしたいですね。

必要になる書類なども弁護士が丁寧に教えてくれます。

B型肝炎訴訟の弁護士との契約書について

B型肝炎訴訟の弁護士との契約書は大切なものです。

B型肝炎訴訟の弁護士との契約書を疎かにして、何も見ずに契約書にサインをしてしまうと大変なことになります。それは連帯保証人の欄に何も知らずに印鑑を押すようなものです。

無知からくる悪意の対象というものを全く無防備で行うということは非常に残念な結果を引き起こします。B型肝炎訴訟の弁護士は、のらりくらりと契約するための内容を自分の都合のよく書き換えてしまう人もいます。

例えば成功報酬5割、日当1万円などといった暴利の値段で契約を結ぶアコギな商売をしている人もいます。

B型肝炎給付金を受けるための条件とは

B型肝炎給付金は感染者の全てを対象にしたものではありません。

日本では昭和23年から昭和63年の特定の時期に、予防接種の際の注射器の使いまわしが許されていました。このことでB型肝炎の感染者が相次いだことを国が認め平成24年にB型肝炎特別措置法が施行されたことに基づいた給付金が支払われることとなりました。

つまりB型肝炎給付金は感染者が上記の期間の集団予防接種から感染した、またはその母親から母子感染したという条件が必要となります。

この条件を満たした場合病状によってB型肝炎給付金が支払われますが、民法で20年間未請求の場合は請求権を失うという除斥期間があり、給付額が大幅に減額されますので気を付けたいところです。

B型肝炎給付金を問題なく受けるために

過去に行われた集団予防接種等の際、注射器が連続使用された事によってB型肝炎に感染してしまった方は、日本全国で数多く存在しています。本人や家族に対して、国が責任を認めた上で、B型肝炎給付金が支給される救済措置が取られています。

症状の違いによってB型肝炎給付金の金額も異なる他、給付を受けるには裁判所への申し出が必要となり、訴訟を起こした後、証拠に基づく判断を受けた上での給付がなされます。自分が対象になるのかどうか、弁護士などの専門家に相談することも、的確な判断を仰ぐための方法の一つです。正しい知識や手続きが、スムーズに給付を受けるためのポイントでもあります。

B型肝炎給付金の制度を知るためには

過去に実施されていた集団予防接種等では、注射器が連続的に使用された事が原因となり、多くのB型肝炎感染者を出してしまいました。

国によって責任が認められ、感染者本人や家族に対して、B型肝炎給付金が支払われるという制度が設けられています。

感染者への救済措置とされるB型肝炎給付金ですが、訴訟を起こさなければ受け取ることができず、正しい手順での手続きが必要となります。また、対象者としての扱いを受けられるかどうか等、迷いが生じた時には弁護士などの専門家へ相談することも、問題解決の近道となります。正しい判断を仰ぐことで、心強い味方となるでしょう。

B型肝炎給付金が支払われるまでの期間

B型肝炎給付金の支払いについての流れは、証拠資料を集めるところから始まり、裁判所への提訴し、国との和解協議をし、成立したところで和解調書の作成をし、支払いといった流れになります。

その時々により変わりますが、資料集めをはじめて国からB型肝炎給付金が支払われるまでの期間は、平均で6カ月から1年くらいはかかると言われています。

近頃では、B型肝炎訴訟を引き起こす原告側の人数が急増していて、以前よりも時間がかかる傾向にあるとされています。自力で行うと不安が伴いますので、専門の機関や弁護士を頼ることをお勧めします。

B型肝炎給付金や訴訟についての記事

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。