国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談して給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

相続人が受け取るB型肝炎の給付金

感染経路や治療方法に関する情報はB型肝炎wikiサイトへ

万が一、家族の誰かが集団予防接種によるB型肝炎の感染が認められ、病気が原因で死亡した場合には、B型肝炎に関する給付金を相続人となる家族が受け取る事もできるそうです。

B型肝炎の給付金に関する相談にやってくるのは、本人はもちろんですが、本人が難しい場合には、代わりに家族などが行う場合もあるそうです。自分は給付金の事で受け取るのは難しいのでは?と思っている人も一度、弁護士の無料相談などを利用してみるのもいいかもしれませんね。

弁護士事務所にいきなり行くのは厳しいと感じた時には、定期的に行われている無料出張説明会などに参加して詳しい話をしてみるのもいいかと思います。

最終的に本人や家族が納得できる結果となればいいですね。

B型肝炎訴訟を弁護士に相談するなら。

これからのB型肝炎給付金

被害者を救済する目的でB型肝炎給付金の制度が利用できる様になってから、すでにかなり時間が経っていますが、それでもまだ一部の人しかB型肝炎給付金を受給していない様です。

そこで、国は、B型肝炎給付金を請求し、受け取る事ができる期間を5年間延長する事を決定しました。B型肝炎給付金の請求をするには期間があり、その期間が過ぎると、受け取る事ができる金額は大幅に低くなるという事が予想されます。

ですので、ぎりぎりにB型肝炎給付金を請求する人は多くなるのではないかと思われます。しかし、できる事なら余裕を持って、早めに手続きを開始しておくと、慌てる必要もなくじっくりと取り組む事ができます。

B型肝炎訴訟で給付金を勝ち取ろう

病気は、本人に原因があるとは限りません。不幸な事故や出来事が重なって、重い病になってしまうこともあるのです。いわゆるB型肝炎訴訟においても、その原因は国が主導した予防接種の際に、注射器の使い回しなど、不適切な事柄があったために起きたものでした。

B型肝炎訴訟の結果、被害者の方に給付金が支払われることになりましたが、実際に受け取った人はごく少ないのが現状です。

きちんと給付金をもらうために、法律事務所に相談するなどしてスムーズな手続きを進めていきましょう。煩雑な準備も弁護士が行ってくれますから、安心して請求を行うことができるのです。

B型肝炎訴訟で判明した病院内の感染経路

B型肝炎訴訟において判明した感染経路は、病院内での予防接種で、使用済みの注射筒や注射針を他人に使ったことです。

これにより、ある人間に感染していたB型肝炎が別の人間に感染するという連鎖が発生し、感染者が膨大な数にまで拡大したのです。

B型肝炎訴訟で表に出てきた感染者の数は氷山の一角とされており、現在の国内には100万人から150万人もの潜在的な感染者がいると考えられています。これ以上の感染拡大を防ぐために厚生労働省では、病院内で昭和33年から注射針の交換を、昭和63年から注射筒の交換を徹底しています。

年齢とB型肝炎訴訟の関係とは

B型肝炎訴訟によりB型肝炎の給付金の対象となるのは、大きく分けて一次感染者と二次感染者の2種類があります。

一次感染者とは、対象期間に集団予防接種を受けたことで、B型肝炎ウィルスに感染してしまった人のことです。1941年7月から1988年1月の間に生まれた人は対象の可能性があるので、年齢によって一次感染者と二次感染者に分けられます。

集団予防接種を受けても、必ず感染しているわけではありません。行政の定期健診などでも、B型肝炎ウィルスに感染しているかの検査が受けられます。

B肝炎ウィルスに感染していると判明した場合、B型肝炎訴訟の給付金の対象となるには、経路を特定する必要があります。

知りたい肝炎訴訟とB型肝炎給付金

かつて集団予防接種で注射器を使い回したことが原因となり、B型肝炎ウィルスに感染してしまった人、さらにその子どもを対象にした国から出ている損害賠償金を、B型肝炎給付金といいます。

感染の証拠などを明確にした上で、指定のB型肝炎訴訟手続きをおこなうことで、病状によって決められた金額を受け取ることができます。しかし、B型肝炎の患者全員に支払われるわけではなく、給付金の支払い対象となるには、限定された生年月日の期間に誕生していること、満7歳までに予防接種やツベルクリン反応検査を受けたこと、予防接種以外での感染原因が考えられないといった条件があります。

B型肝炎給付金を受け取るためのB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金をもらうためにはB型肝炎訴訟をする必要があります。専門家に頼らずに自分だけで訴訟を起こすことも可能ですが、その場合非常に沢山の書類を一人で集めなければいけないことや、裁判所へ何度も足を運ばなければならないことを考えるといっそ弁護士に依頼してしまった方が楽なように思えます。

しかし気になるのが弁護士費用です。ですが安心してください。B型肝炎訴訟を起こす際の弁護士費用に関してはかかった費用の4割ほどは国から支給されますし、また戻ってきた給付金の中から支払うことが可能ですので、今あるお金から支払わなければならないという状況にはほとんどありません。

B型肝炎給付金や訴訟についての記事

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報を掲載しておりますが間違っている点があるかもしれません。

B型肝炎訴訟、給付金について、過払い請求、債務整理などの借金相談に関する情報の疑問点はお近くの弁護士事務所、法律事務所にお尋ねください。

大阪、東京などの大都市には弁護士事務所、法律事務所が多くあります。多くの弁護士事務所、法律事務所の中からあなたにあった弁護士事務所、法律事務所をお探しください。