国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談してB型肝炎給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

TOP B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟給付金の注意点

目次

  1. B型肝炎訴訟給付金の注意点
  2. B型肝炎に関する説明
  3. B型肝炎の給付金支給について

B型肝炎訴訟給付金の注意点

B型肝炎訴訟付金手続は、国に訴訟を提起し、和解を得るだけでは終わりません。それから、社会保険診療支払基金に対して、判決謄本や和解調書を送付し、申請をする必要があります。基金が書類を審査して、初めて給付金が得られます。

ですので、裁判が終わったからといってすぐにもらえるわけではありません。また、弁護士に依頼している場合には、成功報酬や実費、その他費用等別途支払う必要があります。そのため、依頼者が思っていたほどの金額をもらえない可能性もあります。特に、無症候性キャリアの場合には、給付される金額が少ないため、費用対効果を十分に見定める必要があります。

B型肝炎に関する説明

B型肝炎は、肝臓にB型肝炎ウィルスが感染することで、発症します。肝炎の発生原因としては、母子感染や性交渉、輸血などがありますが、近年問題となっているのは、予防注射などによってウィルスを感染した場合です。

このような場合には、給付金の対象になる場合があります。給付金を申請するためには、国へのB型肝炎訴訟を提起することが必須です。訴訟で求められる証拠というのは、対象者によって異なります。詳細情報は厚生労働省のホームページを見たり、専門の弁護士に相談してみてください。また、期限が決まっていますので、早めに検査することをおすすめします。

B型肝炎の給付金支給について

日本でB型肝炎に感染している人は100万人を超えています。昭和23年から63年までに行われた集団予防接種で、注射器が連続で使われた事が原因でB型肝炎に感染した人が40万人以上もいます。この様な人達が国に対して集団で訴訟を起こしました。

その後、裁判所で認められた人には、給付金が支給される様になりました。これは7歳までに集団予防接種の注射器使い回しによる感染者と、母子感染をしてしまった人が対象です。支給額はそれぞれ違いがあり、50万円から3600万円までとなっています。給付金を貰うには、国家賠償請求訴訟を起こす事が必要になります。

B型肝炎給付金についての記事