国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談してB型肝炎給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟からみる検診

目次

  1. B型肝炎訴訟からみる検診
  2. B型肝炎訴訟にて給付金獲得まで
  3. B型肝炎の原因と感染者の特徴

B型肝炎訴訟からみる検診

B型肝炎訴訟が各地で起こり、記憶に新しいかと思います。昔は、検診では、分からず、最近になりようやく肝炎だとわかるように医学が進歩しています。これらのおかげもあり、給付金制度が、年々見直しています。

本当は、訴訟をおこして、給付金が見直しされるのではなく、国がB型肝炎に対するし見直し、自ら動く姿勢でありたいです。また、国だけではなく、国民自らも、肝炎に対する正しい知識を学習し、偏見差別の撲滅をし、定期的な検診を受けている習慣を身につかせ、少しでも、早く、早期発見早期解決をできる、仕組み、習慣を作らないといけないと思います。

B型肝炎訴訟にて給付金獲得まで

B型肝炎を発症すると、給付金を受けられるが、これは集団予防接種等で注射器の使いまわしが原因で、B型肝炎ウイルスの発症者またはその家族に国から給付金を支払うことが出来る制度です。

しかし救済を受けた方は、発症者全体ではまだ一部に過ぎず、まずは訴訟手続きをとらなければなりません。また全員に支払われるわけではなく、集団予防接種等で持続感染された方(一次感染者)や一次感染者からの母子感染によって感染された方(二次感染者)に限られることとなっています。訴訟の際には書類等手続きが面倒なことや、弁護士に依頼しようとしても弁護士費用がかさむなどしているのが現状となっており、取り組む方が少ないのが現状です。

B型肝炎の原因と感染者の特徴

B型肝炎訴訟は、小中学校で予防接種を受けた際に、ウィルスに感染した方々を救済する制度です。全国で40万以上の被害者がいると言われています。しかし、多くの方が未だに検査を受けていません。

あなたは、小中学生の時、予防接種を受けましたか。腕に注射痕ありますか。給付金を受け取るためには、証拠を集める必要があります。詳しくは、厚生労働省のHPや弁護士さんに聞いてみてください。あなたが知らないうちにB型肝炎になっていることがあります。まずは、検査をしてみてください。保健所や病院で検査ができます。期限がありますので、早めの検査をお勧めします。

B型肝炎訴訟についての記事