国から給付金が受け取れるB型肝炎訴訟について知っていますか?予防接種でB型肝炎ウイルスに感染してしまった方は弁護士に相談してB型肝炎給付金請求をしてみましょう。

知っておきたいB型肝炎訴訟

B型肝炎給付金の訴訟と感染

債務整理

過払い請求

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟というもの

目次

  1. B型肝炎訴訟というもの
  2. B型肝炎になっているかも
  3. B型肝炎を疑う時はまずは病院で検査を

B型肝炎訴訟というもの

B型肝炎の感染源は多岐にわたります。多くは血液を介して感染することが多いことから、血液を扱う機会には十分に注意する必要があります。しかし、血液が皮膚に付着しても、傷口等がなければ感染することがありません。

イメージとして、傷口と傷口をゴシゴシとすり合わせてやっと感染する可能性がある程度です。しかし、昨今話題になっているB型肝炎訴訟問題は、過去に輸血等を行ったものが、注射針の使い回しによって感染している状況です。感染者の血液が付着した注射針を使用すれば、感染するのは避けられません。このように今では信じられないことが行われていたのです。

B型肝炎になっているかも

B型肝炎訴訟は、小中学生の時に予防接種を受けた際にウィルスに感染した方々を救済する制度です。未だ多くの方々が検査を受けていないため、救済が進んでいません。小中学生の時に予防接種を受けたことがあるならば、あなたが知らないうちにB型肝炎になっている可能性があります。

今、症状がなくても、救済される可能性があります。B型肝炎給付金を受け取るためには、証拠を集め、裁判をする必要があります。詳しくは、厚生省のHPや弁護士さんに相談してみてください。あなたも、B型肝炎給付金の対象かもしれません。まずは、検査をしてみてください。検査は、保健所や病院でも可能です。

B型肝炎を疑う時はまずは病院で検査を

B型肝炎ウイルスが原因となって肝炎を引き起こす病気、それがB型肝炎です。さまざまな原因がある中、集団予防接種の義務化による注射器の使いまわしが感染を拡大させたと言われています。集団予防接種による感染の患者に関しては国の責任を求める訴訟が各地で起きています。

国の救済措置を受けるには予防接種を受けたことや、母子感染ではないことの証明が必要ですが、条件を満たした患者には和解のB型肝炎給付金が支払われるケースもあります。ウイルスに感染しても長い潜伏期を経て発症することもあり、気づかず放置すると悪化する場合もあります。肝炎を疑うような症状が現れたら、まずは病院で検査を受けることが大切です。

B型肝炎訴訟についての記事